--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-18(Sun)

アメリカ・メリーランド州「キャンパスで無差別射殺」インターネットで予告、韓人大学生逮捕

最近、学校内銃器乱射事件が相次ぎキャンパス銃器暴力に対する警戒心が高まる米国で、今回 は大量に銃撃殺害を行うと脅す「予告」文をインターネットに載せた韓人大学生が電撃逮捕された。

メリーランド州立大警察によればワシントンDC近隣のメリーランド州立大カレッジ在学中の韓人アレクサンダー・ソン(Alexander Song、19・韓国名コン・ファ、写真)が去る10日‘レディッタッコム’と‘オメグルダッコム’等大学生らが利用するインターネットコミュニティページに「警察がきて私を殺す時まで、学校キャンパス全域で銃器乱射するつもり」という文と共に「明日(11日)午後1時30分(学校内)モールから遠く離れている方が良いだろう」という内容を残した。

警察によればソンはまた「全国が沸きかえるニュースになるよう人をたくさん殺したら良いと思う」という内容も追加で上げたことが分かった。このようなソンの文章を見たメリーランド大学出身のある学生がこれを学校当局に通報し、また他の二人もソンとのチャット後、これを通報して警察はソンを11日午前10時頃、この大学キャンパスで逮捕した。

逮捕当時、ソンは銃器を所持していなかったことが分かった。大学側によれば化工科2年に在学中のソンは科学系の優秀学生だけが選抜される「ジェムストーン」プログラムの会員であり、これまで特別な問題を起こしたことのない平凡な学生だったことが明らかになった。

しかし、ソンのルームメートは「彼はこれまで多くのストレスを受けていた」と言い、1週間前、彼が寄宿舎で悲鳴をあげて警察が出動したことが分かった。ソンは逮捕当時、ストレスが多かったと話しながら、身体を震わせて泣き、逮捕後に精神鑑定のため病院に送られたと警察は明らかにした。ソンは逮捕後、大学側から停学処分を受け有罪が認められる場合、最大2,500ドルの罰金と6カ月の懲役刑に処される可能性がある。

一方、ソンの友人であると明らかにしたある韓人学生は本誌に送ったEメールで「私は彼と中学校の時からの知り合いで、つきあってきたが私が分かる限りでは、彼は一度も争いにまきこまれたこともなく、誰にも脅威になる存在ではない」と伝えた。

一方、当局は去る2007年バージニア工大で32人の命を奪ったチョ・スンヒ銃器乱射事件以後、大学銃器関連事件について強硬な対処をしている。

(コリアタイムズ・韓国語)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。