--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-01-08(Sun)

韓国 小学生男児7人、教室で女児にわいせつ行為 被害女児は転校し精神科の治療も 父親「幸せな家庭がメチャメチャに」

「学校の中で、小学生までがこんなことをするなんて…」

 小学6年生のAさん(12)の父親(47)はこう言って絶句した。受話器の向こう側で父親は声を詰まらせ、何度もため息をついた。5日午後、京畿道水原市の亜州大病院精神科。前日夜に電話で話した後、しぶしぶ取材に応じた父親は、級友たちからわいせつな行為をされた娘と共に、4時間にわたって精神科で検査を受けた。

 京畿道安山市内の小学校に通うAさんをいじめ、あろうことか性的暴行まで加えていた男子児童・生徒8人(小学6年生7人、中学生1人)は現在、水原地裁少年部で審判に臨みながら、ソウル少年分類審査院(日本の少年鑑別所に相当)で教育を受けている。成人の犯罪なら、身柄を拘束され、取り調べと裁判を同時に受けていることになる。

 警察などによると、加害児童・生徒らは昨年7月から9月に掛け、8回にわたってAさんにわいせつな行為をした。うち3回は学校の教室や会議室、特別教室が犯行場所となった。加害児童・生徒らはAさんを脅し、服を脱がせた後、体を触った。Aさんが嫌がると、バレーボール用のボールを顔に投げ付け、こぶしで殴った。一部の児童・生徒らは近くの山林でAさんに性的暴行を加えようとしたが、近くの住民に見つかり失敗した。

 大邱市で中学生が自殺した事件をきっかけに、学校での集団いじめ問題が表面化してから18日目にして、12歳の小学生による同級生への集団わいせつ行為まで明るみになった。

 「今回の事件で、幸せだったわが家はメチャメチャになった。ショックを受けた妻は家出し、私も事件にかかりきりになって、会社から解雇された」

 前日夜にも、娘がうめき続けるため眠れなかったという父親は「娘は遠く離れた学校に転校し、心理療法を受けている。うちは被害者なのに、なぜこんなつらい思いをしなければならないのか」と嘆いた。

 父親は「娘は今も、友だちが自分を取り囲み、悪口を浴びせる夢を見る」と話した。父親は昨年10月、娘から金品を巻き上げた級友を呼んで問い詰めたところ、娘がわいせつな行為までされていたことを初めて知った。

 「聞いた瞬間、気が抜けた。お金の問題ではないだろう」

 その直後、父親は警察に出向き、加害児童・生徒らを告訴した。またこのとき、学校がわいせつ行為について知りながら、見て見ぬふりをしていたことも知ったという。

 「みんな知っていたのに、父親の私だけが知らなかった。こんなことがあっていいのか」

学校側は、父親が加害児童・生徒らを警察に告訴した後になって、ようやく対策委員会を設置し、真相の調査に乗り出した。

 学校側は「休み中に起こったことであり、またわいせつ事件のため、2次被害も心配され、慎重にならざるを得なかった」と釈明した。だが父親は「学校が事件について知りながら放置した」として、学校を相手取り、民事訴訟を起こすつもりだ、と話した。

 さらに父親は「加害者の親も、心から謝罪するのではなく、弁護士を立てて示談に持ち込むことばかり考えている」と語った。

 3年生のときに転入したAさんは、学校でいじめの対象となった。級友たちはおとなしい性格のAさんを「汚い」と言って仲間外れにし、使い走りをさせたり、金を巻き上げたりした。言うことを聞かないといって頬をたたかれ、ついにはわいせつ行為までされた。

 加害児童・生徒らは、近くのマンションの最上階や地下駐車場はもとより、学校の中でもAさんにわいせつな行為をした。何人かの児童・生徒らが好奇心で始めたわいせつ行為はやがて「面白い」といううわさが広がり、加害者は8人に増えた。

 捜査記録によると、加害児童・生徒らは、Aさんの友人Bさんにもわいせつな行為をしたという。だが、Bさんの親は加害児童・生徒らを告訴しなかった。

 「今後、加害者らと同じ中学・高校に通わなければならず、うわさが広がっていじめに遭うのではないかと心配だ」というのが、告訴しなかった理由だ。Bさんはまた、わいせつ行為が行われた現場にAさんを呼んだり、Aさんがわいせつ行為をされるのを見物させられたりした。Bさんもそのショックが癒えず、現在心理療法を受けているという。

 事件後、体重が10キロも減ったというAさんの父親は「娘がこれまでに受けた被害について、7時間以上にわたって警察官に話す様子が、一番痛々しかった」と話した。母親はそんな娘の様子を見て苦しみ続け、その後家出した。マンションの管理事務所で働いていた父親も解雇された。だが、父親は少し前、加害児童・生徒8人のうち3人を許した。3人はいったん、少年分類審査院を退院した。父親は「3人を抱きかかえ『これからは真面目にやっていこう』と言って一緒に泣いた」と話した。

 ソウル家庭裁判所のある裁判官は「最近は小学生でも、わいせつな動画を見るようになった。好奇心から動画を真似て、友だち同士でわいせつな行為をするケースが増えている」と語った。

(朝鮮日報  事件・事故)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。