--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-12-04(Sun)

緊急時の石油、韓国で備蓄 安全保障無視して経産省が計画! 日本の税金で韓国に公共投資して備蓄基地の建設を韓国企業に受注させるのが狙いか?

 東日本大震災の直後に深刻な石油不足に陥ったことを受け、緊急時用の石油を韓国に備蓄する計画を経済産業省が立てていることが2日分かった。エネルギーの確保は安全保障につながる問題だけに、外国で備蓄するのは異例の試みだ。

 11月に経産省資源エネルギー庁が韓国知識経済省に非公式に申し入れ、了承を得た。具体的な方法は、早ければ年内に話し合いを始める。震災では、東北地方で道路網が寸断され、石油製品の供給が途絶えた。この反省から経産省が備蓄のあり方を見直していた。

 韓国で備蓄するのは、貯蔵施設が少ない日本海側で災害が起きた際に備えるため。施設の多い太平洋側から山を越えて運ぶより、韓国から船を使った方がスムーズに対応できると判断した。韓国南東部の釜山などが候補地となっている。

 災害時には原油ではなく石油製品が必要になるが、現在、国内の備蓄172日分の大部分が原油で、ガソリンや灯油といった石油製品は44日分しかない。このため韓国での備蓄は石油製品を想定している。

http://milfled.seesaa.net/article/238497955.html

http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1614548.html


(asahi.com  ニュース)




行政刷新会議による27日の事業仕分け結果の詳報は次の通り

▽経済産業省

 【国家備蓄石油管理等委託費】有事の際に備えて石油の備蓄を行うための経費で要求額は480億円。仕分け人は「現在の備蓄日数は長すぎる」などとして「見直すべきだ」と判定。日本の備蓄日数は民間委託分も合わせて150日分だが、国際エネルギー機関(IEA)が義務付けているのは90日分。人口減や温暖化対策で石油消費が減ることも考慮すべきだという意見が出た。

(47NEWS)



韓国の石油会社、政府の「備蓄油」を使い放題!備蓄油タンクにあった灯油を全部借り、在庫がゼロになる事態も

記事入力 : 2010/09/15 10:17:08
韓国の石油会社、政府の「備蓄油」を使い放題 1年近く返さないケースも

 韓国の石油会社が、非常事態や石油危機などに備えて貯蔵している政府の「備蓄油」を、自社のもの同然に抜き取って 使っていることが明らかになった。

 国会予算決算特別委員会の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)議員(ハンナラ党)は14日、韓国石油公社から受け取った。 資料によると、SKやGSカルテックス、現代オイルバンクなどの石油会社が、政府の備蓄油を借りたまま、 最長1年近く返さなかったことが分かった。 現行の備蓄油の運用基準では、借りた備蓄油は60日以内に返すことになっている。 なお、石油公社は備蓄油を貸すに当たり、賃借料を受け取っており、その収入は昨年199億ウォン(約14億2600万円)に達した。

 SKエナジーは2008年10月8日、軽油1億リットルを借り、356日後の昨年9月28日に返した。 また、現代オイルバンクも08年6月11日に灯油11万リットルを借り、287日後の昨年3月24日に返した。 GSカルテックスは、05年に1591万リットルの軽油を238日間借りた。 04年6月には、SKが京畿道九里市の備蓄油タンクにあった灯油47万リットルを全部借り、在庫がゼロになる事態となった。 SKは145日後にこれを全部返したが、その間備蓄油タンクは空になっていた。また同年には、備蓄油タンクにあった 軽油712万リットルを、石油会社4社が全部借り、このタンクは約8カ月も空になった。これについて李議員は、 「非常事態に備えるための備蓄油のタンクが8カ月も空になっていたというのは、常識的に考えて納得できない」と指摘した。

 これに対し石油公社側は、「備蓄している石油製品の品質規格に合わせるため、石油会社に古くなった石油を貸し出し、 新しい石油を受け取ることもある。石油会社に甘い汁を吸わせているわけではない」と釈明した。

趙義俊(チョ・ウィジュン)記者

http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1284514833/

(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版)



出光も韓国に灯油備蓄 安定供給に向け6万キロリットル

 石油元売り大手の出光興産は17日、今冬に灯油が不足する事態に備えて、韓国で灯油を備蓄していることを明らかにした。電力不足が懸念される今冬は灯油需要が増える可能性があるとみており、被災地である東北地方を中心に供給に万全を期すため韓国から緊急輸入できる体制を整えた。出光が海外に灯油を備蓄するのは初めて。

 灯油備蓄のため、韓国にタンク数基を確保した。合計のタンク容量は6万キロリットルで、冬季の灯油需要の3~6日分にあたる。灯油は日本から持ち込み、現在、容量いっぱいの灯油を備蓄している。原油を精製してつくる石油製品はガソリンなどと同時に精製される連産品で、灯油だけを増産することは難しい。このため灯油在庫が不足した場合に韓国から緊急輸入する。

 灯油の国内需要は減少傾向が続いてきたが、電力不足が懸念される今冬は石油ストーブの売れ行きが好調で、販売が上向く可能性がある。石油元売り最大手のJX日鉱日石エネルギーも今年初めて韓国で灯油の備蓄を始めたほか、他の元売り各社も昨年に比べて在庫の積み増しを前倒しで進めるなど、灯油の安定供給に向けて体制を整えている。

(産経ニュース  経済)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。