--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-11-26(Sat)

韓国 竹島に観光施設建設計画 大型埠頭建設へ 実効支配強化へ構想

韓国政府が、島根県沖の日本海の竹島に、大型の旅客船が接岸できるふ頭や観光施設の建設を計画していることが明らかになり、計画どおりに工事が始まれば、領有権の問題を巡って日本と韓国の間で外交的なあつれきがさらに強まることになりそうです。

韓国の国土海洋省によりますと、計画では、5000トン級の大型の旅客船が接岸できる全長210メートルのふ頭を兼ねた防波堤のほか、海中の様子を観覧できる観光施設や、波の力を利用した発電所も建設することにしています。竹島には、現在、韓国政府が建設した船着き場がありますが、ここには300トン級以下の船しか接岸できず、新たなふ頭の建設は、韓国側から竹島に大勢の観光客を呼び込むねらいがあるものとみられます。韓国政府はすでに竹島に警備隊を常駐させているほか、周辺に海洋科学基地も建設することにしていますが、今回の計画では新たに4000億ウォン(日本円で270億円)を投じて再来年から工事を始め、2016年の完成を目指すことにしています。韓国では、ことしの春に検定に合格した日本の中学校の教科書が、竹島を日本固有の領土と明記したことに対する反発が続いており、計画どおりに工事が始まれば、領有権の問題を巡って日本と韓国の間で外交的なあつれきがさらに強まることになりそうです。

これに関連して、島根県の溝口知事は「防波堤の建設は、竹島占拠の重大な既成事実化であり、断じて容認できない。日本政府が、竹島支配を強化する韓国の動きに歯止めをかけるため、きぜんとした対応をとるよう強く期待する」というコメントを発表しました。

(NHK)


竹島に大型埠頭と観光施設 韓国、実効支配強化へ構想

 韓国国土海洋省は24日、日本固有の領土で韓国が不法占拠する竹島(韓国名・独島)に、5千トンの旅客船などが接岸できる大型の埠頭(ふとう)兼用防波堤を建設する構想をまとめ、基本設計を終えたと明らかにした。聯合ニュースが伝えた。構想には海中観覧施設も含まれ観光地としての活性化を図るといい、観光客の増加で実効支配を一段と強める狙いがあるとみられる。ただ聯合ニュースは、日本との外交問題化などによって、計画が実現するかどうかは断言できないとの見方も伝えている。

(産経ニュース  国際)



韓国国土海洋省は24日、竹島(韓国名・独島)に5千トンの旅客船などが接岸できる大型の埠頭兼用の防波堤と、海中の様子を観覧できる観光施設を建設する構想をまとめ、施設の基本設計を完了したことを明らかにした。聯合ニュースが伝えた。

 同省は関係省庁との調整を経て、早ければ2016年の完成を目指す方針という。

 竹島は日韓が領有権を主張し、韓国が実効支配中。同島は現在、300トン程度の小型船が停泊できる埠頭しか備えていない。構想は、新たな施設建設に加え、韓国人観光客らの増加を図り、実効支配を一段と強化する狙いがある。

(47NEWS)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。