--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-15(Mon)

新たな「通貨戦争」勃発の予兆 FRBの低金利政策継続が世界経済に落とす影

 哀れなスイス人に同情しよう――。誰かがそんなことを口にするのは珍しい。だが、準備通貨を持つ、小さくて安定した豊かな経済国であることには実はマイナス面があった。スイスは今、それを発見している。

 今後2年間は低金利を継続することを確約した米連邦準備理事会(FRB)の9日の発表は、スイスフランの異常な値動きを誘発した。スイスフランは一時、対ドルで6%を超える急上昇を見せた。

 スイス国立銀行(SNB)は、急騰するスイスフランから自国の製造業者を守るために勇気ある試みを行ってきたが、市場の混乱からの休息を求めて殺到する世界のマネーの行く手を阻むのは難しい。

 一方、同じような問題に苦しむ日本は、3月に先進7カ国(G7)の協調為替介入を誘発した水準に向けて再び円が上昇するのを目のあたりにした。

立ち消えたはずの通貨戦争に再燃の兆し

 昨年末、国際的な経済議論の的になった通貨戦争は、ほぼ立ち消えた。FRBは今春、量的緩和第2弾(QE2)――新興国が、ドルを押し下げ、自国経済への投機的な資本流入を促していると非難していた措置――からの脱却を示唆した。

 また、人民元の対ドルレートは今年、2.5%足らず上昇したものの、貿易加重ベースの実効為替レートで見ると、人民元とドルはともに下落している。

 こうして為替問題は米中両国の貿易相手国にシフトし、あまり多弁でない日本の当局や比較的力の弱いブラジル当局、そして、ブリュッセルやフランクフルト、パリ、ベルリンのまとまりに乏しい当局者にのしかかった。

 ギリシャのような国が抱える競争上の最悪の問題は、ドイツを筆頭とした同じ通貨圏内の国との問題だが、ユーロ高は、低迷して需要不足に苦しむユーロ圏諸国が必要としていたものではない。

 だが、FRBは9日の発表で、当分の間は低金利を継続することを公約し、一段の金融緩和の用意があることをほのめかした。こうして、通貨戦争が再び勃発する格好の条件が整った。

 為替レートの不安定な動きが資産市場の崩壊に拍車をかける通貨パニックは、世界金融危機を通して世界経済が幸いにも免れてきた数少ない問題の1つだった。今週の異常な相場展開の中でも、主要な為替市場が混乱を来した兆候はほとんど見られない。

 円とスイスフランに対するドルの下落は、比較的長期の国債においてさえ、米国債価格の急落ではなく上昇を伴っていた。

 投資家たちは、市場の暴落に賭けたり、米国の支払い能力に対するスタンダード・アンド・プアーズ(S&P)の見解を共有したりするのではなく、むしろ基本的な米国の成長力に関する(理にかなった)不安に反応しているように見える。

 ただ、世界の主要国が幸運に恵まれているとは考えにくいものの、通貨に関して言えば、主要国政府は運に恵まれている。為替レートを巡って深刻な政治的緊張が再燃した場合――ユーロからの資金逃避がドルを押し上げるなど――、世界の経済秩序はまだ為替を協調管理する確かな手段を持っていない。

世界経済が何より必要としていない為替市場の混乱

 昔からの読者は、世界金融危機の際に、世界経済の舵取り役を果たすために首脳級レベルに格上げされた主要20カ国・地域(G20)と呼ばれる組織を覚えているかもしれない。

 だが、為替レートの調整を軸として世界経済の不均衡是正のまとめ役を務めるというG20の自負は、よくても強いあこがれであることが判明している。

 2008年10月の各国中央銀行による協調的な金融緩和や為替を円安方向に誘導する3月の協調介入、落ち着きを取り戻すことを狙った今週の声明など、何か重大なことを行う必要がある時に名乗りを上げるのは、目新しいG20ではなく、名声が確立したG7だ。

 だが、G7は為替レートを巡る対立で割れているだけでなく、重要な経済再編や市場を落ち着かせる仕事に取り組むには、明らかに信頼に足る機関ではない。そのためには、G20、特に中国が関与する必要がある(問題を抱えたスイスはどちらのグループにも入っていない)。

 ユーロ圏のソブリン債務危機や株価の大変動に直面して、世界経済が最も必要としていないのは、為替レートの混乱という形のもう1つの感染メカニズムだ。世界経済がこれまでそれを回避してきたのはもっぱら幸運によるものであり、それが続く保証はない。

(JB Press  海外)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。