--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-13(Wed)

浜田復興担当政務官 「米が地震や津波起こす気象兵器使ってる。地震など人工的に起こせるのは常識」

“一本釣り”浜田政務官、トンデモ論文に永田町騒然!

0plt1107121605005-p1.jpg 菅直人首相が復興担当の総務政務官に「一本釣り」し、自民党を除名された浜田和幸参院議員が、11日の衆院復興特別委員会で“トンデモぶり”を見せつけた。何と、米国が人工的に地震や津波を引き起こす兵器を使用した可能性を記した論文の存在を指摘されたのだ。国際政治学者との肩書きを持つ浜田氏だが、大丈夫なのか!?

 「復興対策本部との連絡等」を担当する浜田氏。就任の理由について「被災地の惨状を憂い」「復旧・復興に国際的人脈を生かしたい」と周囲に語っていたが、この日、みんなの党の柿沢未途議員の質問に、「(就任前の被災地訪問は)一度もありません」と、あっさり答弁した。

 ただ、これくらいで驚いてはならない。

 柿沢氏が、浜田氏がかつて雑誌に寄稿した「スマトラ沖地震に隠された仰天情報」という論文のコピーを配ると、委員会室はざわめいた。

 論文は、人工的に地震や津波など自然災害を引き起こす環境・気象兵器について触れられており、2004年のスマトラ沖地震と津波で、米国が「地震兵器」「津波兵器」を使用した可能性があることを示唆していたのだ。

 柿沢氏は「米国だって『こんな人を登用するなど、日本政府は何を考えているんだ?』と思う」といい、復興に関する国際協力を得る担当者に不適格だと指摘した。

 これに対し、浜田氏は「地震や津波を人工的に起こすのは技術的に可能で、国際政治、軍事上で常識化されている」と改めて持論を展開。

 平野達男復興担当相は「今回の震災復興には、まったく関係のない話だという風に思います…」と言葉を濁した。

 浜田氏を参院議員にした自民党も、政務官にした菅政権も猛省が必要なのではないか。

(zakzak  政治・社会)


浜田政務官、就任前の被災地訪問「一度もありません」

 復興担当の総務政務官に就任し、自民党を除名された浜田和幸参院議員が、11日の衆院東日本大震災復興特別委員会で、就任前の被災地訪問は「一度もありません」と答弁した。

 その上で「東北地方には数多くの友人、知人がいるし、さまざまな情報を得ていた」と釈明、「国際社会から寄せられているがれき処理の支援などと現地のニーズをマッチングさせるのが私の使命だ」と述べた。

 質問したみんなの党の柿沢未途氏は、浜田氏が論文などで、人工的に地震や津波など自然災害を引き起こす環境・気象兵器を米国が敵対国に使用した可能性があるとしている点を取り上げ、復興に関する国際協力を得る政府の担当者に不適格だと指摘した。

 これに対し浜田氏は「地震や津波を人工的に起こすのは技術的に可能で、国際政治、軍事上で常識化されている」と持論を改めて展開。同時に「だからといって米政府などが日本のために援助をしないことはない」とも述べた。

(産経ニュース  政治)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。