--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-08(Wed)

メディアは、韓国の実態をもっと積極的に報道するべき

ネット上では、韓国人にはウソツキが多い、強姦魔が多い、ジコチュー(自己中心)が多い、とよく指摘される。
これは事実だろうか?
これも、韓国の大手メディアを読めばその真偽が容易に分かる。

①法廷で偽証する人は日本の671倍

2000年の場合、韓国で偽証罪で起訴された人が1198人であることに比べ日本は5人だった。韓国と日本の人口の差を考慮した場合、国内の偽証が日本の671倍に達するというのが最高検察庁の分析だ。

偽証が氾濫する法廷
2003/02/13 朝鮮日報 朴世鎔(パク・セヨン)記者

②10代の性犯罪は日本の10倍

我が国の10代性暴行犯人の増加速度が非常に速い。青少年人口10万名当たり強姦犯人数を 見ればアメリカは6.0人、日本は1.1名に比べて我が国は11.5人だ。日本の10倍、アメリカ の2倍に達するわけだ。最近5年間の推移を見ても、アメリカは6.4人→6.0人(2000年3402 人→2004年3186人)、日本は2.1人→1.1人(296人→142人)に減ったのに比べて我が国は 7.3人→11.5人(496人→752人)と大幅に増えた。

10代の性犯罪、日本の10倍・米国の2倍~半分が「集団性暴行」で罪の意識欠如
2007/04/09 朝鮮日報

③軽犯罪は日本の44倍

国会の警察庁に対する国政監査の資料を見ると、韓国で昨年、軽犯罪処罰法違反で摘発された ケースは30万7913件に上った。一方、日本にも軽犯罪法があるが、摘発件数は1万7851件にとどまって いる。人口10万人当たりの摘発件数は、日本が14件なのに対し、韓国は622件で、日本の44.4倍ということになる。

【社説】日本の44倍、韓国の軽犯罪件数が物語るもの
2009/10/15 朝鮮日報



以上は、韓国で最大の発行部数を誇る朝鮮日報からの抜粋である。
朝鮮日報のWEB版は会員制になっており、過去の記事は登録しない限りログインできない。
従ってリンクは貼っていない。

しかし、想像以上に酷い実態である。
ネット上で言われている「韓国人にはウソツキが多い、強姦魔が多い、ジコチュー(自己中心)が多い」というのは、あながちウソとは言えない。

「偽証がこのように多い理由は、嘘を大したことと思わない社会の風潮」と朝鮮日報は書いている。
私に言わせれば、「社会の風潮」ではなく「社会の歴史」であり「社会の文化」である。
韓国人と付き合って思うのは、その場限りの「でまかせ」がけっこう多い。
だから迂闊に信用するとエライ目に会う。
日本と違い、互に相手方の信頼を裏切らないよう行動すべきであるという「信義則」が欠如した社会、それが韓国である。

強姦について、朝鮮日報は上記記事の中で次のように言及している。

加害学生たちは罪の意識をほとんど感じない。警務局がイ・スジョン京畿大教授チームとともに「南揚州集団性暴行事件」に加わった中学生6人の心理を分析した結果、反社会性は平均55点(50点以上 高危険)である一方、被害者に対する罪の意識は37~47点に過ぎなかった。

これは、韓国社会における女性の地位が極めて低いことの象徴である。
韓国で女性に最も強調されている儒教の教えとは「三従之教」だ。
この教えは、「幼い内は父に、嫁したら夫に、老いれば子に従え」というものである。
つまり、韓国社会の根底には「女は男に従属するもの」という意識が強く残っているのだ。
強姦が多く、しかも罪の意識が薄いのは、こういう韓国の事情が影響していると思う。

        0goukan.png

軽犯罪が多い背景については、朝鮮日報は以下のように書いている。

多くの人たちが、この世の中を自分一人のものだと思い、他人に配慮せず、そこら中につばを吐き、 たばこの吸い殻を捨て、騒ぎを起こし、拡声器を使って大音量で音楽や放送を流す。そんな社会では 結局、すべての人たちが損をすることになる。

韓国で生活した外国人は一様に、「韓国では雑踏にもまれながら暮らすしかない」と話す。道を歩けば 人に押しのけられ、エレベーターでは降りる人がいるのに、われ先にと乗り込んでくる。たばこの吸い殻を 窓の外へ投げ捨てるドライバーも少なくない。

電車の中では、子どもたちが靴をはいたまま座席に座っても、見て見ぬふりをする親が ほとんどだ。隣の席が空くと、そこに片手をつき、まるで「早い者勝ち」であるかのように、離れたところに いる家族を大声で呼び、その席へ座らせるという光景もたびたび見られる。


まさに「韓国人はジコチュー」ということを、大メディアが認めているわけだ。
関西は風土が違うから、どうか知らないが、首都圏では上記のような光景は、まず見られない。
大阪から東京に出張できた人が、駅のホームで整然と並ぶ乗客の列を見て驚いていたが、関西は、まだ韓国に近いのかもしれない。
が、いずれにしても、自己中心の韓国社会が、「軽犯罪の件数日本の44.4倍」という数字の根底にあるのは間違いない。



以上のような記事を書くと、また「レイシスト(人種・民族による差別主義者)」と罵られるのかもしれない。
が、韓国人や韓国社会が、日本人や日本社会とは異質であることはきちんと認識しておく必要がある。
だから、私はこういうエントリをたまに書くのだ。

日本人は、韓国の実態をもっとよく認識するべきである。
メディアは、韓国の実態をもっと積極的に報道するべきである。

それにしても、今日引用した3本の記事は、すべて日本との比較で書かれている。
ここでも、韓国及び韓国人が持つ日本に対する複雑な感情(劣等意識と憧れ)を見て取れる。

【追記】
我々日本人も、韓国の実態を見て自戒しなければならない、と思う。

(http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2011/06/post-b905.html)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。