--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-29(Sun)

伝説の海賊「黒ひげ」の旗艦「クイーン・アンズ・リベンジ号」のいかりを回収 米調査隊

(CNN) ノースカロライナ州沖の海底を探索している同州の調査隊は27日、18世紀に活躍した伝説の海賊「黒ひげ」の旗艦のいかりを回収した。このいかりは黒ひげの旗艦「クイーン・アンズ・リベンジ号」の3つのいかりの1つで、重さは3000ポンド(約1360キロ)ある。

           
ノースカロライナ州沖の海底を探索している同州の調査隊は27日、18世紀に活躍した伝説の海賊「黒ひげ」の旗艦のいかりを回収した。このいかりは黒ひげの旗艦「クイーン・アンズ・リベンジ号」の3つのいかりの1つで、重さは3000ポンド(約1360キロ)ある。

クイーン・アンズ・リベンジ号は1718年にノースカロライナ州ボーフォート沖の浅水域を航行していたと考えられている。同船は1996年に発見され、数年前から段階的に船に積まれている品の回収作業が行われている。

この探索は、18世紀に使用されていたさまざまな品の発見、回収することを目的としており、発見された品は教育や海底保存活動のPRに利用される。すでに大砲、金貨、大皿、コップなど25万点以上の品が回収されたという。6月11日には、ノースカロライナ州ボーフォートにあるノースカロライナ海洋博物館でクイーン・アンズ・リベンジ号の残骸から回収した品の展示会が開催される。

3月にスミソニアン誌のサイトに掲載された記事によると、クイーン・アンズ・リベンジ号には約22万5千発の散弾と少なくとも25門の大砲が積まれていたことが判明しており、その多くは今も積まれているという。

「黒ひげ」とよばれたエドワード・ティーチはイギリスで生まれ、北アメリカ大陸の大西洋側の沿岸や西インド諸島周辺の航路を航行する船を襲った。1718年11月、黒ひげ(当時30代後半だったと見られる)はイギリス海軍との戦いで死亡。この時、彼はクイーン・アンズ・リベンジ号ではなくアドベンチャー号という別の船に乗っていた。

(CNN  こぼれ話)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。