--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-18(Wed)

やっぱり、左翼の運動家に「民主主義のルール」を守れと言っても無理か お友達との雑談でひらめく「独裁者」菅首相

 浜岡原発の稼働が全面的に停止した。この結果を受けて、マスコミ各社が週末に世論調査を行った。

 菅首相の狙いと違って、共同通信や読売新聞の調査では、内閣支持率はさほど上がっていない。それぞれ、28.1%(26.8%)、30%(31%)で、不支持率は、それぞれ、57.4%(58.7%)、60%(56%)である(カッコ内は前回)。読売の調査では、むしろ下がっている。一方、朝日新聞や毎日新聞の調査では、支持率・不支持率は、それぞれ26.51%(21.60%)、27.54%(22.54%)で、前回比で5%も上昇している(カッコ内は前回)。

浜岡原発全面停止は評価するが、首相は評価しない

 浜岡原発全面停止の決定については、評価する傾向が強い。共同、読売、朝日、毎日で、それぞれ、67.2%(29.7%)、68%(25%)、62%(23%)、66%(25%)となっている(カッコ内は「評価しない」)。

 また、菅首相の退陣時期については、たとえば共同通信の調査では、「直ちに」と「年内」の合計が43.2%と、「12年9月の民主党代表の任期切れまで」の30.6%や「13年8月の衆議院議員任期満了まで」の12.8%よりも多い。この傾向は、他社の調査でも、ほぼ同様である。

 これらの世論調査の結果をまとめてみると、浜岡原発全面停止の決定は評価するものの、その決定のみで菅首相のリーダーシップの欠如を挽回できるわけではなく、依然として国民の不信感は強い。できれば、なるべく早く退陣してもらいたいというのが、国民の率直な気持ちであろう。

 大震災からもう2ヵ月が経った。しかし、復興のための施策の実行は、遅々として進まず、現地からは不満の声があがっている。しかも、福島第一原発事故の収束が見えない。一号機では、炉心のメルトダウンが起こっていたことが判明した。そのことは本当に、この時点まで分かっていなかったのか。枝野官房長は、メルトダウンはありえないと明言していたのではないか。

 私が繰り返し要求しているように、情報公開を徹底すべきである。政府が情報を隠匿しているのではないかと国民が思うようならば、その政府による危機管理は失敗する。

「自分は原子力に詳しい」という奢り

 先日は、福島第一原発から300Km以上離れた神奈川県のいくつかの市町村で栽培されているお茶の葉から、基準値以上のセシウムが検出され、出荷停止、回収の騒ぎとなった。神奈川県でそうならば、千葉県、埼玉県、東京都などでも、調査すれば農産物や海産物から、基準値を超える放射性物質が検出される可能性がないとはいえない。補償を含めて、この問題への対応も大きな課題である。

 菅内閣の問題点が、情報公開の不十分さ、会議や組織の乱立であることは、私は、参議院予算委員会でも指摘した。それに加えて言えば、まず菅首相は思いつきで物事を決めすぎる。しかも、その思いつきたるや、「お友達」との雑談の中でひらめくというのだから、始末におえない。

 それは、一国の指導者が実行すべき政策決定ではない。せいぜい茶飲み友だちや学生サークルの遊び事の決め方である。法の支配の下でどのように民主主義を貫くかは、ルールを守ること以外にない。ルールがないのに勝手に組織を作ったりするのは、独裁者のやることである。

 そもそも左翼の運動家に、そのような民主主義のルールを守れというほうが無理であろう。

 重要な決定を下すときには、お友達の意見を聞くのもよいが、自分と全く反対の意見を持つ専門家の声に謙虚に耳を傾けることは鉄則である。

 民主主義は多様な価値観を尊重する。そして、一国のリーダーは、多様な意見を踏まえた上で、最後は自分の責任において決断を下すのである。

 しかし、菅首相には、そのような民主主義政治のリーダーとしての基本的資質が備わっていない。「自分は原子力に詳しい」といった奢りからは、反対意見を尊重するような謙虚さは生まれない。

 原発事故収束の見通しすら全くたたないのに、6月の会期末で国会を閉じようなどというのは、国会での追及を逃れたい一念の権力亡者の考えることである。しかし、野党としても打つべき手を考えあぐねているのが現状である。今の政局は、中だるみ、どん詰まり状態になっている。

(現代ビジネス  政治を考える)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。