--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-14(Sat)

枝野“責任転嫁”必死「銀行は東電の債権放棄しろ」

000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000_20110514000953.jpg 枝野幸男官房長官は13日、福島第1原発事故の賠償支援策に関し、金融機関が東京電力の債権放棄などの貸し手責任を負わない限り「国民の理解は到底得られない」と述べた。

 事故発生前に金融機関が実施した融資は「事故のリスクを考慮に入れて融資がなされているというのがマーケットの基本だ」と述べ、金融機関にも一定の責任があると強調している。

 昨年3月末時点の東電への長期融資残高は、日本政策投資銀行が3511億円、日本生命保険1407億円、第一生命保険1263億円、三井住友銀行1219億円、みずほコーポレート銀行818億円となっている。

 ただ、事故後に大手行などが行った約1兆9000億円の緊急融資については「経緯、状況が異なる。別に考えないといけない」と語り、配慮が必要だとした。

 この日、東電支援の枠組みが決まったが、賠償額が拡大すれば、税金や電気料金の形で国民負担は避けられない。枝野氏は東電のリストラの甘さを批判、電気料金引き上げを否定し、債権放棄にも言及するなど世論の反発をそらすのに必死だ。

(zakzak  政治・社会)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。