--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-13(Fri)

やはりメルトダウンしていた!核燃料が溶けて容器に穴…福島原発“ボロボロ”また爆発か

 震災から2カ月が過ぎても、膠着状態が続く福島第1原発。「水棺」を目指す1号機で圧力容器の燃料棒が完全に露出して溶けおち、圧力容器の底に穴を開けた可能性があることが分かった。また、3号機からは高濃度汚染水が海へ漏れ出していたことも判明した。1号機をめぐっては、再び水素爆発の可能性を指摘する声もあがるなど想定外の事態に直面している。

 東京電力は12日、福島第1原発1号機で、長さ約4メートルの燃料が完全に露出して溶け落ちたとみられると発表した。溶けた燃料は原子炉圧力容器の底にたまり、水で冷却されているが、圧力容器の底に穴をあけた可能性もあるという。

 調整をした水位計の測定で、圧力容器内の水位は通常時の燃料上端から5メートルよりも低いことが分かった。調整前の測定では、約1・5~1・7メートルが露出している状態とされており、想定外の低水位。圧力容器の表面温度は、上部から下部まで100~120度と比較的低く、東電は「燃料は(炉内の水に漬かって)冷却できている」と強調している。

 関係者によると、燃料から出る崩壊熱という余熱が小さくなっているか、燃料が崩れ落ち、結果的に圧力容器下部で水に漬かって冷やされている可能性が考えられるという。

 だが、原発内部の正確な状況がつかめていないことから「圧力容器の空だき状態となれば、再び水素爆発など緊急事態が起きる可能性がある」(関係者)と指摘する声もある。

 1号機は、2、3号機に比べて、格納容器の健全性が保たれていると考えられ、優先的に作業が進められていた。だが、今回の事態で、作業計画の見直しは避けられなくなった。

 一方、原発事故対策統合本部は、3号機の海水取水口近くのピットと呼ばれるコンクリート穴から汚染水が流れ込み、海に流出していることを発表した。東電は11日、ピットをコンクリートで埋めて流出を止めた。漏出時期や総量は不明。

 汚染水からは、1立方センチ当たり法定基準の62万倍に当たる3万7000ベクレルのセシウム134を検出。セシウム137も同43万倍の3万9000ベクレルなど計約8万ベクレルを検出している。4月に取水口から高濃度汚染水の海への流出が発覚した2号機と同様、トレンチから流れ込んだとみられる。

 建屋内部では高い放射線量が確認され、燃料棒の溶融に汚染水の漏出。相次ぐ想定外の事態に工程表の達成は不可能な情勢で、早期収束の願いはまたしても打ち砕かれた格好だ。

(zakzak  政治・社会)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。