--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-05(Sat)

岐路に立たされた日本は今こそ、普通の国になるべし!

 菅(直人)内閣の外交姿勢はあまりにも弱腰だと思います。これほど北方領土の問題が騒がれている中、前原(誠司)外相はロシアとの経済協力を続けると発言している。

 のみならず政府は、GDP世界ナンバー2となった中国への経済援助も続けると言うじゃないですか。外国人の私から見ても、日本の外交姿勢はバカげています。

 朝鮮学校の授業料無償化など論外です。反日教育を行い、独裁国家を礼賛する学校なんですから、支援などしないで閉鎖すればいい。

 子どもたちには罪がない、教育を受ける権利があると言う人がいますが、そういうことなら朝鮮学校じゃなくてもいいでしょう。日本の学校で学ばせればいいんです。

 同様の意味で、朝鮮総連に対する課税減免措置などもおかしい話です。彼らは反日団体なんですからね。世界の常識に照らすとおかしなことばかりが、この国ではまかり通っています。

 こういう場合、中国や韓国なら裏金が動いているに違いないのですが、日本はそういうわけじゃないのですから、なおさら理解できない(笑)。

 日本は今、明治維新、先の敗戦に続く第3の岐路に立たされていると思います。具体的には憲法を改正して普通の国になるか否か、米国と中国、どちらと仲良くするか・・・といったことです。

 私は憲法を改正して、軍隊も核兵器も持つべきだと思います。徴兵制も教育勅語も復活させた方がいい。

 在日米軍の問題にしても、自分たちで守るから出てってくれと言えば簡単に解決します。それが無理なら、思いやり予算など止めて、逆に家賃として駐留費を取って、沖縄県民にあげればいいのです。

 米国に対しても遠慮なく言いたいことを言うには、普通の国家としての形を整えないといけません

(JBpress  日本再生から)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。