--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-01(Tue)

次の標的は東大か…京大入試流出させた“手口”を分析

 本当に単なるカンニングなのか-。京都大、早稲田大、同志社大、立教大で相次いで発覚した入試問題のネット流出で、投稿された問題文は、試験開始直後に試験官が口頭と板書で説明した訂正箇所まで正確に反映されていたことが分かった。流出犯は犯行時に現場(試験会場)にいて、試験問題を撮影する以外の方法で訂正箇所を外部に伝える“神業”を行ったことになる。

 今回の流出経緯については、当初、問題を携帯電話などのカメラで撮影して外部に無線送信したとみられていた。投稿された和文の英訳問題や、記号やアルファベットが多数含まれる数学の問題文を試験官に怪しまれることなく携帯端末で打ち込んでメール送信することは極めて困難だからだ。そして、この写真データを受け取った別の人物が「文字起こし」したと推測されていた。

 だが、単なる撮影画像では知ることができない「訂正箇所」までもが正確に反映されており、何らかの形で細かい情報の送受信が行われていたのは間違いない。教育評論家の尾木直樹・法大教授はこう分析する。

 「受験会場は200人近い受験生が一斉に下を向いて問題に取り組むことから、わずか2人の試験官ですべての不正行為を見抜くことは事実上不可能。犯人がスマートフォンを股の間に置くなどすれば、撮影→送信→第三者がネット投稿→解答を確認→受験生へ送信、を試験官に気づかれずにやることは可能ですし、簡単なメッセージのやりとりなど造作もない」

 こうしたリスクを想定し、尾木氏が教鞭をとる法大では、助教や大学院生のアルバイトを含め1教室につき最低4-5人の試験官を配置している。それでも、IT技術を駆使した不正行為の撲滅は極めて難しいという。

 「試験官には年配の教員も多く、こうした人たちに最新のスマートフォンの機能を把握したうえで不正行為に目を光らせろというのは、なかなか厳しい。日本の大学は受験生に対し“性善説”をとる立場から、携帯の持ち込み自体は禁止していませんでしたが、2005年には韓国の大学入試で集団カンニングが起きている。危機管理の甘さを指摘されても仕方ないでしょう」

 京大は会見で、不正をしたであろう受験生の非難に終始したが、「自分たちの甘さがすべての受験生を疑心暗鬼にさせたことに対する自省の弁もあって然るべき。早晩、携帯電話の持ち込み禁止を徹底することになるでしょう」と尾木氏は言う。

 大学入試の信頼を根底から揺るがした今回の事件。相当のリスクを冒して入手した問題文にもかかわらず、試験時間中に誰でも閲覧できるヤフーに投稿するあたり、本気で合格を狙っているとは思えない手口。そのため、ある関係者は予備校関係者の関与を疑う。

 「大手予備校では有名大学の試験終了直後、入試会場の外で模範解答を配布している。それが予備校同士の競争になっている側面があります。当然、各校とも一刻も早く問題を入手したい気持ちが強く、関係者が受験生として内部から問題を送り、待機する複数の予備校関係者が解答作業に取り組む中で、事情を知らない第三者が何らかの理由でヤフーに投稿してしまったのでは」(都内の私大教員)

 ただし、この推理に予備校側は猛反論。毎年、京大に10人前後の合格者を輩出する高松高等予備校(香川)の村上良一代表はこう憤る。

 「模範解答は、試験会場への入場が不可能となる開始20-30分後に控室に張り出される問題を、講師陣が手分けして必死に解答したもの。教育に携わる関係者が、わずか数十分早く問題を得るためにこんな行為を行うはずがない。リスクはあまりにも大きすぎます」

 いまどきの高校生なら、いちいちキーを見なくてもメール送信できる。このため村上氏は不正な合格を企む受験生を中心とした、組織だったカンニングビジネスの可能性を疑う。

 「3月には、東大の後期入試も行われます。仮に、犯人たちが大学入試そのものをあざ笑う愉快犯の集団だったなら、これに挑戦する可能性もあるでしょう。ただし、後期試験は受験者数が少なく、空席も非常に多い。怪しい動きが目につく可能性は非常に高く、その意味での“難易度”は、今回の京大入試の比ではないでしょう」(同)

 入試問題とは知らずに解答を寄せた善意のネットユーザーも、「絶対に(犯人を)見つけ出す」と怒りを露わにする今回の事件。高木義明・文部科学相は28日午前、他大学についても同様の被害がないか調査するよう指示している。

(zakzak  政治・社会から)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。