--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-24(Thu)

米株は続落、リビア情勢の混乱受けた原油高で

      

 23日の米国株式市場は続落。リビア情勢の混乱を背景に米原油先物が100ドルに上昇するなか、ハイテク株中心に売りが優勢となった。

 ダウ工業株30種は107.01ドル(0.88%)安の1万2105.78ドル。

 ナスダック総合指数は33.43ポイント(1.21%)安の2722.99。

 S&P総合500種は8.04ポイント(0.61%)安の1307.40。

 この日原油先物は、主要産油国であるリビア情勢の悪化で需給ひっ迫懸念が高まり、2008年10月以来の高値をつけた。ただ、終盤にかけ原油価格がやや下落すると、株価も一時の下げを縮小した。前日に続きこの日も出来高は平均を上回った。

 グラディエント・インベストメンツの最高投資責任者(CIO)ウェイン・シュミット氏は「株式市場は、これまで調整もなく、かなりの間上昇基調にあった。そのため長期的にみると、若干の下落は市場にとり良いことだ」と述べた。

 ナスダックの下げが特に目立ち、ネットフリックス(NFLX.O: 株価, 企業情報, レポート)は4.7%安、セールスフォース・ドット・コム(CRM.N: 株価, 企業情報, レポート)は2.5%安で引けた。

 HP(HPQ.N: 株価, 企業情報, レポート)は9.6%安。同社は前日、2011年の売上高見通しを引き下げた。

 モガベロ・リーの最高経営責任者(CEO)、ドリーン・モガベロ氏は「中東での混乱がさらに拡大するとの懸念から、今朝はかなりのショートが出たが、投資家は既に利益を得ており、午後にはショートカバーの動きがでる」との見方を示した。
 前出のシュミット氏は「これまでの上昇や中東地域を中心に世界情勢の先行きが不透明になっていることをふまえると、株価が下げ止まるか、もしくは、さらに3─4%下げたとしても、それは健全で、おそらく正当化される」と述べた。

 時間外取引でオンライン旅行代理店大手のプライスライン(PCLN.O: 株価, 企業情報, レポート)は6.8%上昇。同社の四半期決算は旅行予約が44%増加し、利益が予想を上回った。

 S&Pエネルギー株指数は2%上昇。一方、ダウ輸送株指数は2.1%下落した。

 ニューヨーク証券取引所、アメリカン証券取引所、ナスダック3市場の出来高は、約103億2000万株となり、通常の79億9000万株を上回った。

 ニューヨーク証券取引所の下落銘柄数は1959と上昇銘柄数(1062)を上回った。ナスダックは下落銘柄が1996、上昇銘柄が629となった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。