--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-23(Wed)

韓国民間団体「日本に竹島の歴史教える」公開討論会を提案

 独島守護隊(代表、キム・ジョング)は20日、竹島(韓国名:独島)問題について話し合うため、拓殖大学の下条正男教授に公開討論会を要請すると発表した。島根県が「竹島の日」と定めた2月22日に、討論会要請の手紙を渡す予定だという。韓国メディアが伝えた。

  下条教授は竹島問題研究会で座長を務めるなど、竹島問題の研究家として知られる。キム代表は「竹島の日」をテーマに討論会を行いたいとし、22日に島根県民会館で開かれる「竹島の日」記念行事に参席してから手紙形式の討論提案書を渡したいとした。

  討論提案書には「竹島問題が日韓両国の友好促進に大きな障害物として作用している」、「島根県住民も一緒に参加できる開かれた空間で討論をしたい」と記されているという。

  キム代表は、下条教授が2006年11月に竹島問題研究会の会員とともに韓国の鬱陵(ウルルン)島や竹島の現地調査を行った際、大邱(テグ)大学で討論したことがある。キム代表によると、当時はテーマが広範囲だったことや、参加者も10数人いたことから具体的な討論ができなかったという。

  キム代表は「多くの日本人が、下条正男教授の主張により竹島を日本の領土と思っている。正しいか正しくないかを直ちに結論付けるのは難しいが、討論会に参加した日本人に、竹島と島根県の隠された歴史を教えられるだろう」と話した。

  韓国メディアは下条教授について「竹島は日本の領土であると声を高めてきた極右歴史家」と紹介。討論会の提案は「愛国心による感情的な主張ではなく、歴史や国際法の論理で日本の主張を打ち負かそうというもの」と伝えた。

(サーチナ  社会から)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。