--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-22(Tue)

日本が東アジア諸国をスパイする情報機関を設立、とwikileaksが暴露

wikileaks Japan rebuilds foreign intelligence service to spy on neighbours

第二次世界大戦後初めて日本は対外諜報機関の設立が行われ、中国や北朝鮮等の情報を集め、テロ対策に乗り出した。諜報機関は国内トップの情報機関であり内閣情報調査室、通称内調に設立された。 西側の情報機関、オーストラリアの秘密諜報機関やイギリスのMI6、アメリカのCIA等がモデルとなっている

         000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000.jpg

日本の新しいスパイ機関が存在する可能性は、Wikileaksによってもたらされたアメリカの外交公電で暴露され、 theage.comに独占的に提供された。

第二次世界大戦時には日本軍と海軍によって設立された秘密警察、憲兵が東南アジアでスパイ活動を行っていた。 戦後の政権は対外諜報機関の設立を外交的リスクと捉え乗り気ではなかった。 しかし、2008年に国務省情報研究局のトップ、ランダル氏と内調の三谷 秀史の間で行われた会談で、三谷氏は人的資源を利用したスパイ活動による、情報集積能力の必要性が最優先事項だと述べていた。

この東京のアメリカ大使館から出たマル秘扱いの外交公電によると、決断は元自由民主党総裁によって2008年9月まで福田元総理によって行われ、その後は麻生首相によって行われた。決断に至るプロセスは非常にゆっくりであった。政府は知識や経験、そして予算も人員も不足していた。 アメリカの大使館によれば諜報機関の人員に対する訓練は、すぐに始まるだろうとの報告であった。

公安調査庁長官の柳 俊夫氏がフォート氏に対し、日本の切迫した情報の優先事項はテロ対策と同様に、中国と北朝鮮であると述べた。 この流出した外交公電は2006年末にフォート氏が日本の政府高官に対し、国外にある大手邦人企業や、商社の未活用資金から資金を捻出する様にすすめた。 日本政府は北朝鮮の情報に対して人的、技術的な諜報活動の能力不足を補完する為に、人員をアメリカのスパイ要請機関に送る事を求めていた。

アメリカ大使館のレポートによると三谷氏は、日本の識者は金正日の決断力はしっかりしているが、亡き後が闇であると述べた。 三谷氏はまた、日本の金正日に対する内面や心理部分は諜報機関からではなく、金正日の元料理人であった寿司職人の男から寄るとこであると認めた。

オーストラリアの情報機関によれば、日本に対してCIAが何らかの手ほどきを行っているだろうと述べた。オーストラリア人の専門家によれば、日本は我々が考えているより、どこの場所に容易に行く事が可能である。その事自体が日本が再び不正行為を陰で行う主役、特に中国や東南アジアにおいて躍り出る可能性は避けられない。

(オーストラリアの高級紙『The age』より)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。