--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-22(Tue)

「中国版ツイッター」で政府の検閲をかわすあの手この手

香港(CNN) 中国のインターネット検索サイトやマイクロブログサイトで「エジプト」「天安門」「1989年6月4日」(天安門事件の発生日)などと入力すると、検索結果ページに次のような一文が出る。「当該の法令により、結果は表示されません」

しかし6月4日の64を意味する「8×8」と入力すると、交流サイト(SNS)で驚くほどオープンな会話が活発に交わされているのを見つけられるかもしれない。

中国では60年以上も前から検閲が行われ、それをかわそうとする市民との間でいたちごっこが続いてきた。

ミニブログの「ツイッター」に相当する同国の「Sina Weibo」(新浪微博)や「Renren」などの交流サイト(SNS)は、特定の単語を見つけ出すプログラムを巡回させて検閲担当者に通報させている。これに対してユーザーは、エジプトのことを「ファラオの国」と呼んだり、「民主主義」という単語のつづりをあえて間違えたり、声明文をスキャンして画像として掲載するなどの方法でこうしたプログラムをかわしてきた。

新浪微博のあるユーザーは、エジプト政権を崩壊させた反政府デモを天安門事件と比較して、「われわれも22年前にそれ(政府を倒すこと)ができていたはずなのに、結局は失敗した」と嘆くコメントを投稿。さらに「彼(エジプトのムバラク前大統領)は辞任を強いられたが、それでもある程度の尊敬に値する。ここ(中国)では武力行使や流血なくしては何も終わらない」とリツイートした。

米フェイスブックやツイッターなど制限をかけられないSNSは中国本土では禁止され、どうしても接続したいユーザーは仮想プライベートネットワーク(VPN)を使って「万里のファイアウォール」と呼ばれる政府のネット規制をくぐり抜ける。

政府機関の2010年6月の統計によると、中国のネットユーザーは全人口の約35%に当たる4億2000万人。このうち新浪微博のユーザーは8000万人を超え、毎月1000万人のペースで増えていると同社はいう。

ミニブログの普及で地方自治体の腐敗や不正、子供の誘拐、活動家弁護士の窮状といった問題にもスポットが当てられるようになった。誘拐された子供が家族と再会できたり、地方自治体幹部が絡む事件もみ消しなどの問題が暴露されたりしたケースもある。政府に対する圧力は強まる一方で、警察などの当局や胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席もマイクロブログを利用し始めたという。

もっともユーザーのミニブログ利用は、政府の検閲とはほとんど無縁のエンターテインメント情報やゴシップ情報の収集が大半を占める。子供の救出活動が話題になると、それをもじった出会い系ミニブログが早速登場し、またたく間にうわさに火がつく現象もみられた。

(CNN  ビジネスから)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

ZOZOTOWN

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
過去記事(ログ)スクロール

2013/05 (1)

2012/05 (1)

2012/04 (19)

2012/03 (47)

2012/02 (48)

2012/01 (36)

2011/12 (34)

2011/11 (31)

2011/10 (33)

2011/09 (33)

2011/08 (20)

2011/07 (43)

2011/06 (44)

2011/05 (52)

2011/04 (91)

2011/03 (143)

2011/02 (145)

2011/01 (161)

2010/12 (285)

2010/11 (461)

2010/10 (362)

2010/09 (234)

2010/08 (341)

2010/07 (241)

2010/06 (80)

最新記事
カテゴリ
プロフィール

Rainha da Bateri

Author:Rainha da Bateri
FC2ブログへようこそ!

RSS登録er
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。